歯周病と妊娠

歯周病と妊娠

画像

歯周病というものは、口腔内に潜む細菌が原因となりますので、また違う病気との関連性を疑う人が多いようです。

 

歯周病が元でまた違う病気を生じさせるということがあり、肺炎と心臓病などがそれに当たります。歯周病菌に肺炎の原因となる細菌があった場合、唾液と共に肺まで流れてしまう恐れがあります。

 

それが原因で肺炎が発症する場合もあるので、抵抗力があまりないお年寄りなどは配慮が必要になります。

 

それだけでなく、同様の経路を辿り心臓病に陥るケースもあります。

 

歯周病は妊娠や出産にも好ましくない影響を及ぼすため、妊娠する前に歯周病治療を済ませておくことが大切です。歯周病を招く細菌が面倒なもので、細菌が羊水に混入すると胎児の成長を邪魔することがあります。

 

そして、歯周病に対する不安のひとつに、人同士で感染していく危険性があるのか否かを知りたいという声もあるでしょう。これについては認めざるを得ないことで、身近な人から歯周病菌をもらう確率はゼロではありません。

 

けれども仮に菌が侵入してきても身体が元気であるなら、撃退することができますから、いつも健康でいることが重要です。体力がないと歯周病菌の働きが高まり、重篤化する恐れもあるので、健康状態を維持できるような生活をしていくこと重要です。

 

年配の方は、歯周病の影響で重度の病気になってしまうことも度々あります。歯周病は軽い病気と考え、治療が遅れるのは大変危険なことだと認識して、歯科医の協力を得ながら良い口の状態を保持するよう励んでいきましょう。

 

妊婦の方は産まれてくる赤ちゃんのため一刻も早く対処しましょう。

 

⇒ 発売から15年500万本の販売実績!歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】

 

【教科書】歯周病・口臭・口内炎を改善する!「パーフェクト・マウスケア」


些細な違いも見落とさずに!

歯周病というのは自分ではわかりづらいものなので、知ったときにはだいぶ悪くなっているようです。しかし、それでも健康な状態とは違うはずですので、少なからず変化が見られるものです。

 

歯の状態を良いものにしておくために、些細な違いも見落とさず、早めに察知し、早急な処置を取ることができるようにチェックを怠らないようにしましょう。歯磨きをするときに、歯ブラシに血が付着していることに気付いたり、歯茎に出血が見られるといった人がいるはずです。

 

歯茎からの出血はよくあることですが、これは歯茎が炎症を起こしているときの症状で、歯周病という判定が下る場合が多々あります。それから、口臭が強いという人も、歯周病の可能性があります。

 

歯周病によって口臭がきつくなっている場合、歯の周りの組織で細菌が増えてしまっていることがそもそも始まりだと推測できます。この細菌を放置しておくと、歯周病が悪化する可能性が高いので、口臭を察知したら歯科医に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

妊娠中は歯周病に関係なく口臭がする場合もあります。

 

口の中の細菌が繁殖すると、口腔内で粘着質の唾液が出るケースもあるため、一つの判断基準になるでしょう。加えて、歯茎の色の変化や腫れた状態があったり、歯の露出部分が長くなったような気がする場合も、歯周病が深刻化している恐れがあります。

 

硬い食品を口にしたときに痛みが走るなら、歯を支える部分の歯茎までむしばまれているかもしれません。とりわけ、歯がグラグラするときは、急いで歯医者で診察を受ける必要があります。

 

これらのように、歯周病の可能性を示す症状がいくつかあるので、妊娠から些細な違いを見落とさないようにすることが大事です。

じゃ、歯周病の原因ってなんなの?

画像

歯周病というのは、プラークを放置した結果症状が進行する歯にまつわるやっかいな病気ですが、進行を助けてしまう原因はまだあります。

 

要因と考えられているものは複数あって、歯石・たばこ・虫歯の治療・歯並び・歯ぎしり・抵抗力の低下といったものがあります。

 

歯石はプラークが変化したもので歯科医でなければ取り除けない面倒なもので、歯石は歯周病の進行を早める元であると考えられています。

 

タバコに配合されたニコチンは、血行を悪化させますし、免疫力の低下にも繋がることが証明されています。歯周病をひどくするのにダイレクトに関わるわけではありませんが、炎症が回復しにくくなる確率が高いでしょう。

 

妊娠している場合はタバコは胎児にも良くない影響があると言われてますね。

 

現実的に、喫煙している人のうち歯周病を患っている人は大勢いて、治療の効果も出にくいことがわかっています。治療している虫歯というのも深く結びついていて、歯を覆ったり詰めたりするものの大きさがその歯にちょうどよくなければ、そこはプラークの集積所と化してしまうでしょう。

 

加えて、歯並びが悪いと、歯磨きを気をつけていてもプラークが除去しきれない可能性があり、歯周病になりやすいと考えられます。歯並びに問題がある人は、歯科医院で自分の歯並びに合わせた歯の磨き方について教わることをおすすめします。

 

歯周病の悪化を招くと言われているのが歯ぎしりで、歯と歯茎に大きな力が加わってしまうことになるため害になると考えられています。歯ぎしりというのは自分の意思に関わらずしてしまうものなので、歯科医に相談するのが解決の早道と言えるでしょう。

 

加えて、妊娠などによって抵抗力がダウンしていると、口内細菌が増えやすくなりますので、健康な状態でいることが大切です。

 

⇒ 発売から15年500万本の販売実績!歯周病専門薬用プロポリスハミガキ【プロポデンタル】

 

【教科書】歯周病・口臭・口内炎を改善する!「パーフェクト・マウスケア」


血液内科医師の募集 ※転職の成功は非公開求人でした